沿革
昭和43年1月 古河市(旧総和町)西牛谷に白戸工機創立 
各種機械の部品製作を始める
昭和46年11月     プレス、板金、溶接部門を新設
昭和47年10月 工場増設
昭和55年1月 工作機械部門の工場を新設
昭和59年9月 株式会社に組織変更 株式会社白戸工機になる
(資本金300万円)
昭和61年3月 マシニングセンター導入
平成2年9月 八千代町に八千代工場建設 工作機械部門を移転し機械設備もNC 旋盤、マシニングセンター増設 総和工場をプレス
板金、溶接工場および本社事務所とする
平成2年11月 資本金600万円に増資
平成2年12月 CAD導入
平成5年12月 資本金800万円に増資
平成7年11月 資本金1000万円に増資
平成6年11月 プレス、板金、溶接部門を八千代工場に移転
本社工場には組み立て部門と事務所を残して分離
平成20年7月 エコステージ認証を取得。
平成24年12月 本社工場に機会設備設設計製作部門を新設。
平成25年4月 複合加工機NC旋盤・マシニングセンタ導入
平成24年12月 本社工場に機械設備設設計製作部門を新設
平成25年4月 複合加工機NC旋盤・マシニングセンタ導入